PV/ページビュー数(閲覧数)

PV/ページビュー数(閲覧数)

PV(ページビュー)とは

PVとは、Page View(ページビュー)の略で、サイト内のページが閲覧された回数を指すアクセスデータ解析の重要指標のひとつです。

閲覧数や表示回数と呼ばれることもあります。

よく間違われる指標として、UU(ユニークユーザー)や、セッション(訪問数)などがあります。
UUやセッションがサイトを利用する人数や回数を測る『集客』の指標なのに対して、PVはサイトを訪れた人がどのくらいページを見ているかを測る『行動』の指標です。

PVが多いほど、サイトのコンテンツが充実していて、ファン化しているユーザーが多いと言えるでしょう。

PV(ページビュー)の計算方法

PVはサイト内のページが閲覧されたタイミングでカウントされ、その総数を指す、アクセスデータ解析の最も一般的な指標です。

PVの計算式

PV(ページビュー) = ページ総閲覧数(総表示回数)

たとえば、1人のユーザーが10ページを閲覧すればPVは10となりますし、2人のユーザーが5ページずつ閲覧してもPVは10となります。

ユーザー数 閲覧数/人 PV数
A 1人 10ページ 10
B 2人 5ページ 10

PVはアクセス人数やアクセス回数とは関係なく、ページ(HTML)の読み込みが終わったタイミングでカウントされます。
ブラウザの更新ボタンや戻るボタンで、再度ページを表示させた際にもカウントされるので覚えておきましょう。

平均PV(平均閲覧数)とは

平均PVとは、1ユーザー(1アクセス)毎のPV数を指す数値です。
平均PVが多いほど、各ユーザーが多くのページを閲覧していることが分かり、サイトへの興味関心度が高いとも言えるでしょう。

『100PV』という数値では、100人が計100ページを閲覧しているかもしれませんし、10人がそれぞれ10ページを閲覧しているかもしれません。
アクセスデータ解析において、サイト全体のPV数よりもユーザー1人あたり(アクセス1回あたり)のPV数のほうが、多くの情報を語るケースも少なくありません。

自社サイトのアクセスデータを評価する際には、全体のPV数だけではなく、平均PV数からユーザーのファン化傾向を読み取る癖をつけておくと良いでしょう。

PV(ページビュー)を増やすには

PV数はサイト内の回遊性が向上することで増えていきます。

たとえば以下のような改善施策が代表的です。

  • ページの下部に関連記事(関連商品)を表示させることで、ユーザーに別の記事(商品)にも興味をもってもらう
  • サイトのナビゲーションメニューを見直し、ユーザーに様々な角度からページを探してもらう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です