【まとめ】スプレッドシートとは|エクセルとの違いから基本的な使い方まで

【まとめ】スプレッドシートとは|エクセルとの違いから基本的な使い方まで

新しいスプレッドシートを作成する

スプレッドシートを使うには、以下の公式サイトへアクセスします。
https://sheets.google.com/

ダッシュボードから[新しいスプレッドシートを作成] の下の[+アイコン]、[空白]を選択し、新規のシートを作成します。

スプレッドシートの名前を変更(ダッシュボード)

以下のリンクから、すぐに新規のスプレッドシートを作成する方法もあります。
https://sheets.google.com/create

事前にGoogleアカウントを作成しよう
スプレッドシートを使うには、事前にGoogleアカウントを用意する必要があります。
[OOOO@gmail.com]のアカウントをまだ持っていなければ、以下のURLからアカウントを開設しておきましょう。
https://accounts.google.com/signup/

テンプレートギャラリーからシートを作成する

あらかじめ用意されたテンプレートを使い、完成形に近い形からスプレッドシートを作り始めることも可能です。
ダッシュボード右上の[テンプレートギャラリー]を選択しましょう。

スプレッドシートのテンプレートギャラリー

TODOリストや、予算表、ガントチャートなどのテンプレートが用意されています。
希望のテンプレートを選択すると、コピーが作成され、自由に編集することができます。

テンプレートギャラリーの一覧

スプレッドシートの名前を変更する

スプレッドシートを作成したら名前をつけておきましょう。
シート画面左上の[無題のスプレッドシート]となっている箇所がファイル名で、選択すると変更することができます。

スプレッドシートの名前を変更(シート画面)

ダッシュボードからファイル名を変更することも可能です。
ファイル名を変えたいシートを右クリックして、[名前を変更]を選択しましょう。

スプレッドシートの名前を変更(ダッシュボード)

スプレッドシートを他のユーザーと共有して共同編集する

作成したスプレッドシートは、他のGoogleユーザーと共有して、同時に編集することも可能です。
シート画面左上の[共有]ボタンを選択して、共有する相手を編集しましょう。

スプレッドシートの共有

ポップアップが表示されるので、[共有可能なリンクを取得]からメールなどで共有できるリンクを取得するか、[名前かメールアドレスを入力]に共有したいGoogleアカウントを入力します。

スプレッドシートを共有する方法を選択する

この時、共有する相手の権限を、[編集可能]、[コメント可能(編集不可)]、[閲覧のみ可能]の3種類から選択することもできます。

作成したスプレッドシートを削除する

不要になったスプレッドシートは削除しましょう。
ダッシュボードのシート一覧から、不要なシートを右クリックして、[削除]を選択します。

スプレッドシートの削除

編集中のスプレッドシートを削除することもできます。
シート画面から、[ファイル] > [ゴミ箱に移動]を選択します。

編集中のスプレッドシートを削除

削除したスプレッドシートを復元する

間違って削除してしまったスプレッドシートは、復元することも可能です。
ダッシュボード左上のメニューから、[ドライブ]を選択します。

スプレッドシートのダッシュボードからドライブを選択

Googleドライブが開くので、左メニューの[ゴミ箱]から、復元したいシートを右クリックして、[復元]を選択します。

スプレッドシートの復元

スプレッドシートをコピー(複製)する

作成したスプレッドシートをコピーすることもできます。
ファイル全体をコピーするか、ファイル内でシートをコピーするかで方法が異なるので、2通りの方法を見ていきましょう。

ファイル全体をコピー(複製)する

ファイル全体をコピーするには、シート画面のメニューバー[ファイル]から、[コピーを作成]を選択します。

スプレッドシートのファイル全体をコピーする

ポップアップが表示されるので、下記を設定してコピーを完了させましょう。

  1. コピーするファイルの名前を編集する
  2. 保存するフォルダを選択する(Googleドライブ内から選択)
  3. コピー元ファイルが共有していたユーザーを引き継ぐか選択する
  4. コピー元ファイルで付いていたコメントを引き継ぐか選択する

3と4が分からなければ、チェックなしのままで問題ありません。

コピーするスプレッドシートファイルの詳細を選択する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です