サイトのSSL化(https化)後のサーチコンソールの設定方法

サイトのSSL化(https化)後のサーチコンソールの設定方法

サイトのSSL化(https化)を行った後しばらく経つと、サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の検索アナリティクスの数値が徐々に悪化していきます。
これはGoogleの検索結果で表示・クリックされるあなたのページが、徐々にhttpからhttpsに切り替わっていき、もともとhttpで登録したサーチコンソールでは計測ができなくなっていくからです。

結論、サイトのSSL化後には、サーチコンソールに新しいhttpsのサイト(プロパティ)を再登録する必要があります。
※今まで、サーチコンソールに登録していたサイトは利用できなくなります。

そこで今回は、SSL化を行った後にサーチコンソールにサイトを再登録する方法から、SEO対策上おすすめな設定方法までを紹介していきます。

なぜサイト(プロパティ)の再登録が必要なのか

サイトのURLが変更になった際に、サーチコンソールの設定を変更すれば対応できると思っている方も多いようなので、そもそもの部分にかんたんに触れておきましょう。
※Google Analyticsでは登録済みURLの変更を行えるため、誤解を生みやすいのかもしれません。

サーチコンソールでは、登録済みのサイトのURLが変更になった場合に、そのURLを変更する方法がありません。
また冒頭でも書いたように、SSL化が完了すると、今までのサーチコンソールのプロパティは利用できなくなります。
新しいhttpsのURLが検索エンジンにインデックスされて、今までのhttpのURLが検索結果ページに表示されなくなっていくからです。

そこでサーチコンソールにサイトを再登録する必要がでてくるのですが、もう1つ注意しておきたいことがあります。
GoogleではSSL化でURLがhttpsに切り替わることを、サイトの移転として処理します。
ここで詳しくは書きませんが、サイトを移転すると一時的に検索順位が下がり、アクセス数の減少につながるケースがあります。

サーチコンソールにサイトを再登録するときに、設定を正しく行うと、検索順位の低下というリスクを最小限に抑えることができるので、このあと紹介する手順をぜひ試してみてください。

SSL化後のサーチコンソールの設定手順

サイト(プロパティ)を再登録する

サーチコンソール管理画面から新規のプロパティを追加します。

サーチコンソールから新規プロパティを追加

新しいhttpsのURLを指定して、サイトを追加します。

SSL化後のhttpsのURLを指定

サイトの所有権の確認が終われば、再登録は完了です。

サイトマップを送信する

上で書いたとおり、Googleはhttps化をサイトの移転として処理するため、すでにインデックスされている旧URLから、Googlebotが再クロールし新URLをインデックスに再登録するまでに、数週間程度のタイムラグが発生します。
この旧URLから新URLへの切り替え期間に検索順位が低下する可能性が高いため、できるだけ早く新URLをクロールしてもらう必要があります。

そこでGoogleに新URLを通知するために、新しいサイトマップを送信しましょう。
(例:https://example.com/sitemap.xml)

サーチコンソール管理画面 > クロール > サイトマップ にアクセスし、『サイトマップの追加/テスト』ボタンをクリックします。

サイトマップの追加/テストボタン

xmlサイトマップのURLを指定して送信ボタンをクリックします。

https版のサイトマップURLを指定

これで新URLのサイトマップの登録は完了です。

Fetch as Googleで新URLを検証する

新URL(https)をGoogleが正常にクロールできるかどうかを検証するために、Fetch as Googleを使用しましょう。
これはSSL化に伴い、Googleのクロール・インデックスを妨げるような問題が起きていないかどうかを検証するのに役立ちます。

サーチコンソール管理画面 > クロール > Fetch as Google にアクセスし、『取得』ボタンをクリックします。

Fetch as Googleでクロールの問題がないかどうかを検証

新URLのテストが実行されます。
ステータスが『完了』になっていれば、Googleのクロールに問題点はありません。
もし完了以外の表示がでるようであれば、詳細を確認の上、調整を行う必要があります。

Fetch as Googleで新URLを検証し、ステータスが完了になればOK

(オプション)Google Analyticsと再連携する

サーチコンソールにサイトを再登録すると、Google Analyticsとの連携もやり直す必要があります。
Google Analyticsを利用している場合には、以下の設定も行っておきましょう。

Google Analyticsの設定画面 > プロパティ > プロパティ設定 にアクセスし、下部にある『Search Consoleを調整』ボタンをクリックします。

Google Analyticsにサーチコンソールのプロパティを関連付ける

旧URLが関連付けられているので、上で作成した新しいサーチコンソールのプロパティと関連付けましょう。

旧プロパティ(http)は削除しても問題ない?

ここまでの手順でサーチコンソールの再登録は完了ですが、サーチコンソールのプロパティにはhttp(旧)のものとhttps(新)の2つができてしまっている状態かと思います。

http(旧)のプロパティは特に必要がないので消してしまっても問題ありません。
ただし新プロパティにいままでのデータは引き継がれないので、いままでのデータを残しておきたい場合にはそのまま残しておいてもいいでしょう。

どちらでも特に害はないので、自由に判断してください。

まとめ

今回はサイトのSSL化をおこなった後に、サーチコンソールを再登録する方法をSEO的な観点も含めながら紹介してきました。

サイトのSSL化は、それ自体もかなり大変な作業を要するのでついつい漏れがちですが、利用中の管理ツールの設定変更もぬかりなく行っておきましょう。
特に今回の場合、筆者の実体験(サーチコンソールの検索アナリティクスが徐々に悪化し設定漏れが発覚)をもとに書いておりますので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です