【重要】アナリティクスのデータが消える!?データ保持期間の設定方法

【重要】アナリティクスのデータが消える!?データ保持期間の設定方法

この記事は、グーグルアナリティクスを利用されているすべてのユーザーに向けて書かれています。

アナリティクスは 2018年5月25日 以降、データの一部を自動的に削除する仕様に変わります。

消えるデータは1年以上前の古いデータに限られていますが、長年アナリティクスでデータを分析していた方や、もちろんこれから先もWEBサイトを運営し続けていくという方にとっては、以前のデータと比較分析することができなくなる可能性があります。

この記事では、データの消失を防ぐためのアナリティクスの設定方法を紹介するので、アナリティクスを利用しているユーザーは必ず設定しておきましょう。

アナリティクスが『データの保持』機能の提供を開始

2018年5月25日 より、アナリティクスはGDPRへの対応として 『データの保持』機能の提供を開始しました。

GDPRとは、2018年5月に施行される欧州の個人データ保護に関する新しい規則です。
※本記事ではGDPRについての詳細は割愛します。

これにより今まで永久的に保存されていたユーザ単位・イベント単位のデータが、期限付きでの保存となり、自動的に削除されるようになります。
初期設定ではデータの保存期間が26か月となっていますが、アナリティクスの管理画面より無期限に変更することが可能です。

自動削除の対象となるデータ

自動削除の対象となるデータは以下の通りです。

保持期間は、Cookie、ユーザーの識別子(例: ユーザー ID)、広告 ID(DoubleClick Cookie、Android の広告 ID、Apple 広告主向け識別子など)に関連付けられたユーザー単位やイベント単位のデータに適用されます。

これらのデータはアナリティクスの標準レポートには影響せず、高度な分析をおこなう場合にのみ影響が出るようです。

標準の Google アナリティクス集計レポートには影響はありません。この設定で管理されるユーザーおよびイベントデータは、例えばレポートにカスタム セグメントを適用する、通常とは異なるカスタム レポートを作成するなどの高度な機能を使用する場合にのみ必要です。

だからといって収集したデータが自動的に削除されてしまうのは困るので、以下の設定で保存期間を無期限に変更しましょう。

データの保存期間を無期限に変更する

アナリティクスの画面より、以下のメニューへアクセスします。

1. 左側メニューパネル最下部の『管理』
2. プロパティ > トラッキング情報 > データ保持

アナリティクス管理画面 > データ保持設定

『ユーザーデータとイベントデータの保持』が、デフォルトでは26ヶ月になっています。

ユーザーデータとイベントデータの保持_デフォルトの設定

『自動的に期限切れにならない』を選択して設定を保存すれば完了です。

ユーザーデータとイベントデータの保持_自動的に期限切れにならない

これでアナリティクスのデータが自動的に削除されることはなくなります。

なお、データの保存期間は以下から選択することが可能です。

  • 14 か月
  • 26 か月
  • 38 か月
  • 50 か月
  • 自動的に期限切れにならない

特別な事情がない限り、『自動的に期限切れにならない』を選択してデータが自動削除されないようにしましょう。

(オプション)新しいアクティビティをリセット

設定画面に『新しいアクティビティをリセット』という項目があります。
データの自動削除をオフにしている場合、特に意味がなくなりますがデフォルトのオンのままにしておくといいでしょう。

詳細は下記をご確認ください。

このオプションをオンにすると、特定のユーザーからの新しいイベントが発生するたびにユーザー識別子の保持期間がリセットされます(したがって、有効期限はイベント発生時刻から保持期間が経過した時点になります)。たとえば、データの保持期間を 14 か月に設定した場合、ユーザーが毎月新しいセッションを開始すると、そのユーザーの識別子は毎月更新され、14 か月の有効期限に達することはありません。ユーザーが新しいセッションを開始しない場合、保持期間が経過するとそのユーザーのデータは削除されます。

そのユーザーが新しいアクティビティを行ってもユーザー識別子の保持期間をリセットしない場合は、このオプションをオフにします。ユーザー識別子に関連付けられたデータは、保持期間の経過後に自動的に削除されます。

まとめ

この記事では、 2018年5月25日 より適用された、アナリティクスの『データの保持』機能の提供にともなう、一部データが自動的に削除されるようになる仕様変更を避けるための設定方法を紹介しました。
アナリティクスを利用するユーザーはすぐに設定を変更して、自動的にデータが削除されないようにしておきましょう。

なお、本記事の執筆にはグーグル公式のテキストを参考にしています。
より詳細な情報を確認したい方は、『データの保持 – アナリティクス ヘルプ』をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です